人と犬が魅せるドッグスポーツの祭典!
アジリティー(ビギナー、JP、AG)
  
ラージ・ミディアム・スモールに分ける。
コースに設置された障害物を順番に通過しゴールする。
シニアクラスは設けない。
10才以上の犬は、各クラスにおいてバーダウンをすることが可能。
希望がない場合は、通常の高さでの参加。
*ビギナーは希望がなければバーダウンとする。
競技のコース設定はジャッジに一任し、配置された障害を番号順にクリアするものとする。
 
 標準タイム

障害の配置、旋回スピードなどを考慮し決定。
制限タイムを標準タイムの1.5〜2倍とする。この制限タイムをオーバーすると失格となる。
 
 種目

●スーパービギナー
生後8ヶ月1日以上の犬が参加可能。
障害数は10台程度。ジャンプとトンネルのみ。
※モチベーターあり
●ビギナー
生後12ヶ月1日以上の犬が参加可能。
障害数は約10台程度。ジャンプとトンネルのみ。
●ジャンパース1
生後18ヶ月1日以上の犬が参加可能。
障害数10〜15台程度(タッチ障害は使用されない)。
●ジャンパース2
生後18ヶ月1日以上の犬が参加可能。
障害数は16〜20台程度(タッチ障害は使用されない)。
●アジリティー1
生後18ヶ月1日以上の犬が参加可能。
障害数は10〜15台程度。(タッチ障害は1〜3台)
●アジリティー2
生後18ヶ月1日以上の犬が参加可能。
障害数は16〜20台程度(タッチ障害は2〜3台。)

※上記の月齢に満たない場合でも参加可能。
 ただし、入賞対象外とする。
 ジャンプの高さは希望がない場合は通常通りの高さとする。
 
 クラス

体高35cm未満の犬・・・スモール(S)
体高35cm以上43cm未満の犬・・・ミディアム(M)
体高43cm以上の犬・・・ラージ(L)

 順位

障害減点とタイム減点の合計で競う。減点数の少ないものが上位とする。
減点合計が同じ場合は障害の減点が少ないものが上位となる。
アジリティーの競技において1、2の申し込みの場合下位クラスでの入賞は対象外となる

 注意事項

判定やスコアに関する最終決定権はジャッジにあるとし、異議申立てをしてはならない。
ビギナー以外、競技中に首輪など一切装着してはならない。
ハンドラーは競技中、手に何も持ってはならない。
ハンドラーは競技中、故意に犬に触れたり、競技中断させてはならない。
ハンドラーは競技中、障害に触れたり、障害を通過してはならない。
ウィーブは第一ポールを犬の左肩から入り、交互に通過していくものとする。

 失格

制限タイムをオーバーした(走行途中でも終了)。
拒否が3回以上の場合(最後まで走り続けることが可能)。
障害の順番を誤って通過した、通過し忘れた。
コート内で排泄をした。
ハンドラーが手にものを持っていた。
競技中に首輪をつけていた。(ビギナークラスを除<)
ハンドラーがジャッジの指示なしに競技を中断した。
ハンドラーが手にものを持っていた。
ウィーブを途中で間違い、やり直さずに次の障害へ進んだ又は通過した。
ウィーブで3ゲート以上逆走した。
ジャッジがアウトオブコントロールと判断した場合
ジャッジに対し、不適切な態度・言動を行った。

 

減点

ハンドラーが障害に触れた。
ハンドラーが競技中に犬故意接触し、誘導した。
シーソーの板が着地する前に降りた。
ジャンプのバーを落とした。
ウィーブの途中の間違い。
ロングジャンプで、構成ユニットの間に犬の足が着地した。
コンタクトゾーンに触れずに昇降した。

拒否

犬が障害の前で止まったり、ためらったりした。
障害の脇に逃れた。
タイヤとフレームの間を飛んだ。
ウィーブの入口を間違えた。
トンネルの入口に足や頭を入れて後退した。
ロングジャンプの横を通過した。
ロングジャンプの上を歩いた。
ロングジャンプを斜めに跳んだ。
ドッグウォーク、シーソー、Aフレームにおいて、四肢が下り傾斜路に
かかる前に飛び降りた。
シーソーで中央軸を越える前に飛び降りた。

クラス 体高 障害の高さ バーダウン
ラージ 43cm以上 55〜65cm 40cm
ミディアム 35〜43p未満 35〜45cm 30cm
スモール 35p以下 25〜35cm 20cm
 *スーパービギナー
クラス  体高 障害の高さ   12ヶ月1日未満
ラージ  43cm以上  30cm  20cm
ミディアム 35〜43cm未満  20cm 10cm 
 スモール 35cm以下   10cm  直置き
*身体的や年齢的に規定の高さの障害を飛ぶことの出来ない犬は、
 申込時に申請し、ジャッジが正当と判断した場合、バーダウン可。
 理由がない、また上記の高さ以外のバーダウンの場合は入賞対象外
   
   
アジリティーギャンブラー
  生後8ヶ月1日以上の犬が参加可能。

設置された障害物を自由に走行する。
各障害物にはポイントが付けられており、通過するごとに
ポイントが加算される。

制限時間 1分
オープンタイム 40秒 ギャンブルタイム 20秒で構成される。
犬がスタート・ゴールラインを越えた時点でタイム計測開始

スタート・ゴールラインを再度越えたら計測終了
ギャンブルタイム開始と制限時間はジャッジがホイッスルを鳴らす

各障害物はオープンタイムでは2回 ギャンブルタイムで1回 の通過が
ポイント加算対象となる。
ギャンブルタイムではポイントが2倍
   ポイント
 1ポイント ジャンプ トンネル 
 2ポイント  タイヤ レンガ ブロード
 3ポイント  シュート
4ポイント ドッグウォーク シーソー Aフレーム 
 5ポイント  ウィーブ
制限時間内に犬がラインを越えなかった場合は
ギャンブルポイントが全て無効となる
  
 クラス
 
体高35cm未満の犬・・・スモール(S)
体高35cm以上43cm未満の犬・・・ミディアム(M)
体高43cm以上の犬・・・ラージ(L)
  
 順位
 
獲得ポイントを競う ポイントが高いものが上位とする
同点の場合は体高が低いものが上位となる
   
 失格
 
犬が場外へ出てしまった場合
リンク内での排泄行為






 ※注意事項はビギナー JP AG同様 ※拒否・減点はない
クラス 体高 障害の高さ バーダウン
ラージ 43cm超 55〜65cm 40cm
ミディアム 35〜43p未満 35〜45cm 30cm
スモール 35p以下 25〜35cm 20cmバー半がけ
 
 
Copyright©2014 SUPER DOGS COMPETITION all rights reserved.